香典返しについて

香典返しとは

香典とは、故人霊前に供える香に代えて包む代えて贈る金銭のことで、故人の死を悼む気持ちの表れとしてお供えするものです。また昔から葬儀の時にはなにかと出費がかかるため、地域の人々が助け合う意味合いもありました。

本来、香典返しはご挨拶だけでよかったのですが、現在では忌明け(四十九日)の報告とお礼をかねて、お礼の品を届けるのが習慣となっています。

香典返し時期は

「滞りなく忌明けいたしました」とのお礼の言葉を添えて四十九日後にお返しをするのが一般的です。

相場について

香典返しは半返しとも呼ばれ、一般的には頂いた香典の半額程度の品を返します。ただ、地域や宗派によっても異なります。

それほど、気を使いすぎる必要もありませんが、大体5割~3割程度の額のものが一般的です。また、香典の実用品を返すことが多いです。

香典返しのお品選び

誰がもらっても役に立つような実用品を返すことが多く、一般的には、寝具、タオルセット、石鹸・洗剤セット、食品などです。

値段的には\3,000から\15,000位のものが多いでしょうか。また最近はカタログから好きなものをチョイスしていただく形の香典返しが多く利用されています。昔ながらの「香典返し」を求める喪主様には、自らお選びになった品を届ける形が根強いですが、相手が好きなものを選べると言うのは、ある意味でとても親切であるともいえます。

カタログギフトも香典返しの金額によって分かれており、例えば\5,000コース、\10,000コース、\20,000コ-スというように喪主様のご希望によって自由に選択できるのもうれしいところです。

喪主自身で出向くか、発送するか

本来は、喪主さま自ら、先様に出向いてご持参するのが正式な形ですが、時間の制約や交友関係の広がりによって中々そうもいきませんので、現在では香典返しは忌明け後に、品物に挨拶状を添えて送るのが定着しています。

当店では送料は一切必要ございませんので、お送りするお返し品につきましても安心してご依頼くださいませ。

香典返しの熨斗について

お香典返しは一般的には「志」という表書きにてお手配をいたしますが、関西地区など地域によっては「満中陰志」または「忌明志」なども用います。

各宗教・宗派によっても異なりますのでご不明な点はお気軽にご相談ください。

香典返しを贈る時期

仏式 四十九日(宗派によっては三十五日)を忌明けとしていますので、納骨を済ませた後、挨拶状とともに香典返しの品を贈ります。
神式 忌明け後の霊祭「五十日祭」を忌明けとして、挨拶状を添えて香典返しの品物を贈ります。
キリスト教式 決まりは特にありません。一般的なものとして、1ヶ月後の「召天記念日」を目安に、あいさつ状を添えて送るのが一般的です。
無宗教 仏式にならって四十九日の忌明け後に贈るのが一般的です。

ページの先頭へ戻る